留学先で 旅行先で

投稿者:

台風が近づいてます。風が強くなってきてるので、明日はほんとに警報でそうですね。ここ5,6年兵庫でも岡山でも警報に裏切られてますので、今回ばかりはそんなことはなさそうです。

さて、今日は少しまた旅行、留学の話をしようかと思います。

最近、解剖実習をしながら

友達などと留学や海外旅行の話をしていると、結構な数の人が留学は嫌だ、海外旅行も別にいいや、と言っているのに気が付きました。まぁいずれ海外旅行には皆行くようになるのでしょうが、今日の留学離れは結構深刻なようで、国を挙げて『トビタテ留学JAPAN』なる奨学金まで出てきたらしいので相当なんだろうなと思い、調べてみました。この10年で留学者数はなんと約3割減らしいです。お金がかかる、英語苦手やしなぁとかいった理由もありましたが、なかでも結構聞かれたのが『海外怖い』ということ。

確かに、母語である日本語の通じない国で犯罪にあって、警察呼んでもどうなるかよくわからないし、最近ではISをはじめとしたテロ組織の活動もあるし、感染症も流行してるし…

いろいろリスクありますよね。でも、考えてみてください。リスク回避って考えて少し実践すればわりと簡単にできるもんです。ということで、今日は旅先でのリスクマネジメントについて個人的なお話を。

まず、犯罪について。怖いですよね、アメリカになんか留学したらマグナムでぶっ飛ばされるんじゃないか、なんて。実際、アメリカであのF1レーサー、小林可夢偉も強盗にあったらしいですし。

警察ちゃんと呼べるかな、っていうのがありましたが、個人的にはこれはただの甘えだと思ってます。みんなが安全で安心して何でもできると思っている日本で犯罪にあってもたぶんみんなパニックになって冷静で居れないと思います。何が始まるか全くわからないから。

とりあえず、犯罪に合わないように何をすればいいか、防犯について書いていきます。

まず、海外で犯罪に合わないようにするにはどんな犯罪が多いかなどを事前に調べる必要があります。まずはオフィシャルな情報として外務省の海外安全ホームページを参考にされるといいと思います。大体世界中の国で、今何が起こっていてどんなことに気を付けたらいいのか、書いてあります。まずこれに沿って対策をするといいと思います。テロの脅威のある国は退避勧告、渡航延期勧告、渡航注意などの情報が出ていることがありますし、感染症などの情報も色々載っているので割と便利だと思います。そして、地球の歩き方など、実際に旅行に行った人のレビューや、これから行く人のための質問掲示板があります。それを利用するのも一つの手ですが、確実に正しい情報とは言えないので、その辺注意が必要かと思います。

海外旅行あるあるなのが、盗難。どれだけ気を付けてても外国の盗人どもはその上を行ってきます。満員の地下鉄でわざとグループで押しくらまんじゅうにして盗む、仲良くなっておごってあげたソフトドリンクに睡眠薬を仕込む、駅員のコスプレしてパスポートを盗む、などなど… 実際僕があったのは、すれ違いざまに鞄をナイフで切られて中身の財布を抜かれたパターンです。一つ盗難対策としては、財布は金属チェーンのようなもので服につなぎとめる(スリ対策)、現金は必要最小限で、できるだけカード決済をする、パスポートはコピーだけ持ち歩く、カード決済はできるだけサインで本人確認をする、など。色々人によってやり方は違うと思いますので、工夫してみてください、最近ではMasterCardやVISAが出している、プリペイド式のクレジットカードがあるらしいのでそれも一つの手ですね。

犯罪多発地域にもいかないこと。低所得者層の居住地域やスラム街など。その地になれないときに現地住民と一緒でない限り行くのは危険です。

そして万一緊急事態が起きたら、現地の日本大使館、領事館に相談するのがいいと思います。トラブル解決に向けた適切なアドバイスを受けられます。また、海外旅行保険への加入は当然ながらしましょう。また、トラぶったときに連絡すべき場所のリストと電話番号も自演にリストアップしておくと現場で冷静迅速な対処ができると思います。

テロなどのガチな緊急事態の時は、巻き込まれたことないので犯人に絡まれたら知りませんが、とりあえず最新の情報を常に手に入れる、デマに流されず、オフィシャルな情報とその場その場で臨機応変に対応しましょう。外務省に渡航届をあらかじめ提出しておくと現地の情報がメールで送られてきますし、長期滞在なら在留届の提出で安否確認までしてくれます。


こんな感じですかね。海外では基本街中の周りの人は全員敵として出歩いてる僕から言えることはこんなものです。小学校のときに、知らない人にしゃべらない、ついていかないとかいろいろ習ったと思いますが、海外ではそれを適用するといいと思います。隙を見せたら負けです。国境を越えて家に帰るまで、隙を見せないように!へたするとカバンの中身が全部お薬になっちゃいます、、、

それでは。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください